10/17/22

「今」マグナム スクエア プリント セール - 75 周年記念の年

Magnum の写真家と The Photographers' Gallery による 120 点以上のサインまたは不動産の刻印が入った博物館品質の 6x6 インチのプリントが 100 ポンド/120 ユーロ/100 ドル+税で販売されています。 10 月 14 日金曜日から英国ロンドンの The Photographers' Gallery でコレクション全体の展覧会が開催され、10 月 23 日に販売が終了するまで、訪問者は販売中の版画を独占的に見ることができます。⁠

 

22/1/21

「America In Crisis」 - サーチ ギャラリー ロンドン - 2022 年 1 月 21 日から 2022 年 4 月 3 日まで

アメリカ・イン・クライシスは、アメリカを代表する40人の写真家と、1960年代から今日までのアメリカの社会変化を探求する120以上の作品を集めます。サーチ ギャラリーが主催するこの展示会は、ソフィー ライト、アトランタのハイ美術館のグレゴリー ハリス、LA を拠点とする写真家で学者のタラ ピクスリーによってキュレーションされています。

1/13/22

「Found Not Lost」 - Esther Woerdehoff Gallery Geneva - 2022 年 1 月 13 日から 2022 年 3 月 5 日まで

アメリカの写真家エリオット・アーウィットに捧げられた展覧会「ファウンド・ノット・ロスト」は、アーティストが世界にもたらすことができた2つのビューの出会いを提案します。

12/19/21

「家族」 - Sudest57 Riccione - 2021 年 12 月 19 日から 2022 年 4 月 3 日まで

展覧会 エリオット・アーウィットの家族 は、言葉では言い表せない、包括的な家族の概念のさまざまな側面を探求する 60 枚の白黒ショットで構成されています。著名な写真家エリオット・アーウィットの写真は、彼の作品に繊細な皮肉の機会を逃すことなく、前世紀の主要人物の日常生活の瞬間を不朽のものにしました。

3/22/21

エリオット・アーウィット: 「90 年代の私の作品は、これまで見たことのないものに見えます」

(フィナンシャル タイムズ)

3/3/21

「Found, Not Lost」は Gost Books で現在入手可能

Found, Not Lost では、170 を超える未発表の画像が初めて公開されました。 60 年以上に及ぶ本書の写真は、アーウィット自身が選択、編集、順序付けを行ったもので、彼の多作なキャリアの中で小康状態や任務の合間に撮影されたものです。期間限定でプリント付きのスペシャルエディションが2種類登場。

2/20/21

「見つかった、失われていない」: エリオット・アーウィットが個人のアーカイブから厳選した、これまで見たことのない写真

(独立者)

2021/2/14

影の歴史: エリオット・アーウィットの目に見えない写真

(保護者)