1/21/22

「危機に瀕したアメリカ」-サーチギャラリーロンドン-2022年1月21日から2022年4月3日まで

America in Crisisは、1960年代から今日までの米国の社会変化を探求する40人の主要なアメリカ人写真家と120以上の作品を集めます。サーチギャラリーが主催するこの展覧会は、ソフィーライト、アトランタの高等美術館のグレゴリーハリス、LAを拠点とする写真家でアカデミックなタラピクスリーによってキュレーションされています。

1/13/22

'Found Not Lost'-Esther Woerdehoff Gallery Geneva- 2022年1月13日から2022年3月5日まで

アメリカの写真家エリオット・アーウィットに捧げられた展覧会「Found Not Lost」は、アーティストが世界にもたらすことができた2つの見解の出会いを提案しています。

21/12/19

「家族」-Sudest57リッチョーネ-2021年12月19日から2022年4月3日まで

展示会 エリオット・アーウィット一家 家族の非効率的で包括的な概念のさまざまな側面を探求する60枚の白黒ショットで構成されています。有名な写真家エリオット・アーウィットの写真は、彼の作品の繊細な皮肉の機会を逃すことなく、前世紀の主要人物の日常生活の中で不滅の瞬間をもたらしました。

3/22/21

エリオット・アーウィット:「90年代、私の作品はこれまでに見たものとは異なって見えます」

(フィナンシャルタイムズ)

21/3/3

「見つかった、失われていない」がGostBooksで利用可能になりました

170以上のこれまでに見られなかった画像が、Found、NotLostで初めて公開されました。 60年以上にわたって、この本の写真は、彼の多作なキャリアの中での休憩や休憩中にしばしば撮影され、アーウィット自身によって選択、編集、および順序付けされています。プリント付きの2つのスペシャルエディションが期間限定でご利用いただけます。

2/20/21

「見つかった、失われていない」:エリオット・アーウィットが個人のアーカイブから厳選した写真を見たことがない

(インデペンデント)

2/14/21

影の歴史:エリオット・アーウィットの目に見えない写真

(保護者)